とある社畜(♀)のダイエット記録~プログラミングもあるよ~

新米SEのレコーディングダイエットの変遷、料理、プログラミング備忘録な雑多ブログです。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お一人様でポケモン映画

2013.08.03 (Sat)  食べすぎた記録
昨日は帰ってから少し食べました、再び。

唐揚げマヨサラダ!

今日の夜食は作ったものではなく、母上が最近作った唐揚げを冷蔵庫からつまみ出したものです。
なんとなく居酒屋風?ウママー




さて、本日の記録です。

【体重】
47.7キロ(前回比:-0.1キロ)

【体脂肪率】
25.3%(前回比:+0.4%)

唐揚げ分早速反映された?
ところで先週に引き続き、今日もカロリー計算は無しですお


【朝】
うどん70g
キャベツ
ポン酢
マヨネーズ
鯖缶(味噌煮)半分

ピオーネ



母上の勧めにより鯖缶の中身を乗せてみる。
ポン酢と味噌が意外に相性良くてびっくりです


【昼】
和食ブッフェ はーべすと

週末恒例の食べ放題です。もはやお一人様バイキングに全く抵抗の無くなった系女子です。周りは家族連れやカップルばかりでしたくそっくそっ

一皿目

和食は癒される。
唐揚げも美味しかったけど、この中ではきんぴらごぼうが1番!

二皿目

早速デザートに逃げる。
メロンのショートケーキとキウイのパンナコッタです。メロン甘くてウママー!でもこの後しばらく出てこず…

三皿目

あんみつに行く。だが和食ブッフェの癖に白玉がモチモチどころかボソボソしていてあまりにも残念でした。
あと抹茶には甘味が全く無いのできな粉と同じ感覚でかけまくると酷い目をみます。なおきな粉は美味。

四皿目

右手前は、和食ブッフェにはこれがないとね☆的な豆腐ハンバーグ。美味しかったです。

五皿目

茶漬けとケーキと言う、訳のわからん和洋の〆を平らげてお仕舞い。

今回はあまり食べられませんでした。お腹いたいよー


【夜】
なし


【総計】
測定不能カロリー(over!)


今日はポケモンの映画を鑑賞してきました一人で

いいじゃんよ…ジャストその世代なんだから家族連れじゃなくたって十ウン年間のファンってことで許してよ…
以下ネタバレありなので、見たくないよ!という方はお気をつけて!








えーっと


まずDSを忘れました(チーン)

ゲノセクトは友人にデータもらうとして、純粋に映画を見るモードに入ります。

最初はイーブイの進化系の新顔、ニンフィアがメインの短編でした。ニンフィアの声はしょこたんこと中川翔子さん。そしてナレーションは卒業しちゃった前田敦子さん。
イーブイの進化系が勢揃いする、ブイズ好きにはたまらん作品です。

まずひとつ言わせていただきたいのは、サンダースのまさかの甘えんぼ設定のあざとさよ…
見た目から何となくブラッキーと同じクールビューティーイメージを持っていたのであれはやられました。
そして人見知りブースターちゃんかわゆゆゆゆゆ。。。
昔からブイズの中では一番好きな子でした。滅多に使わなかったけど。モッフモフ!モッフモフ!

ところで、ニャースがニンフィア、リーフィア、グレイシアにピンポイントでときめくシーンがありましたが、あれってちゃんとオスメス判別して惚れてるんですかね??
ビジュアルだけでは人間には区別がつきません…てことはニャースにとって、シャワーズやらブラッキーやらは人間で言うところのイケメンに見えているのでしょうか。
ちなみにブラッキーとニンフィアは多分付き合ってるんで諦めた方がいいと思います。

ブイズが可愛かったので大層満足です。ストーリーというよりは映像の美しさを追求した作品でしたが、なかなか良かったです。


さて本編。

ミュウツーさんまさかの女性っすか…

慣れたらこれはこれで良いなあ清楚系ミュウツーうへへとか思いながら見てましたけど。

劇場番一作目との関連をちょっと期待したけどおくびにも出ませんでした。
ロケット団とは関係ないんだろうと思いますが、恐らく彼らの研究結果をどこからか拾ってきた組織が、それを参考に作ってみたのでしょう。
それにしたってサトシさんなんかそれっぽいこと示唆してくれてもいいんじゃねーの…
「必要の無い命なんかないんだよ!」にはちょっとコピーポケモンたちのことを思い出させられましたが。

自分達の巣を作るためにポケモンたちを追い出そうとするゲノセクトたちと、ポケモンの平穏を守ろうとするミュウツーの戦いがメインとなっています。
ゲノセクトは太古の昔に生きていたポケモンで、ミュウツーと同じように人の手によってこの世に産み出された(正確には甦らされた)存在。本来、この世にいてはならないポケモンです。
しかし武器つきで蘇生させるとか中々えげつない。ロボットにしか見えないゲノセクトですが、本来の姿はどんな風だったのでしょうか?

ちびゲノセクトがひたすら可愛いです。
「うちに帰りたい…」と繰り返し、サトシの「俺たちがうちにつれてってやる!」発言を純粋に信じようとする誘拐され体質っ子。
でも赤いのには逆らえないようです。

ラストは赤いのとミュウツーとの一騎討ち。
ミュウツーはフォルムを変えてスピードでゲノセクトを圧倒します。
頭の後ろの長いのが尻尾の代わりになっているということは……尻尾は!ケツは!今どうなっているんだ!!
ひたすらフォルムチェンジ版ミュウツーの尻を見ようと狙っていましたがまともに見れずに終わりました。

ところでクライマックスはゲノセクト×ミュウツーで良いんですね!?今までの態度をガラッと変えてしっかりミュウツーさんのこと抱き締めてましたけどそういうことで良いですね?!?!
はいここしばらくの萌え頂きましたー(ガソリン)
作られたもの同士、一度打ち解けてしまえば色々通ずるところも多いと思います。ミュウツー一家に加えてもらえば良いと思うよ。

そしてツイッターで散々話題になっていた通り、エンドロールにかしわぎ最愛のサブマスがいました。
といっても他のジムリーダーやら四天王やらと一緒に立ち絵が流れてくるだけでしたが……動いてるかなーってちょっと期待したけど、うん、スクリーンで見れただけ良いです。

映画館、家族連れ多いかと思っていたら意外や意外、高校生大学生あたりの人が結構いました。
隣なんか同年齢くらいの男女。友人同士か兄妹かカップルだよ?
きっとどちらもポケモン好きなんだろうなぁ


でもかしわぎは誰にも邪魔されず一人で存分に堪能してきたぞーうらやましいだろーハハハハハッ(しろめ)


それでは!

ランキング参加中!
よろしければぽちっとお願い致します↓(´∀`*)




スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。