とある社畜(♀)のダイエット記録~プログラミングもあるよ~

新米SEのレコーディングダイエットの変遷、料理、プログラミング備忘録な雑多ブログです。

ダメ人間でもいいや(長文)

2015.12.01 (Tue)  日々の食事記録
さて、本日の記録です。

【計測】
体重:スルー(11/17計測時:51.2キロ)
体脂肪率:スルー(同上:27.9%)


【運動】
徒歩(通勤往復):3.16キロ
自転車(駅までの往復):約1.3キロ


【朝】
ご飯
鮪の角煮
カブの味噌汁
ブロッコリー
レアチーズ風味ヨーグルト



母上がどっかのお土産として買ってきてくれた鮪の角煮を食べました。ちょっとレンジで温めたらボンしました
なかなか味が濃くてご飯に合う感じ。うま


【昼】
ご飯
麻婆豆腐
ブロッコリー



タイトル:汚泥に横たわる緑の架け橋(汚泥)
ブロッコリー、まだ野菜室に残ってるの知らずにもう1株買ってきてしまったのでとりあえず茹でておきました


【間食】
焼きチョコ1個
ミニケーキ1個
クッキー1枚


【夜】
豆腐
納豆
鮪の角煮
ブロッコリー
キャベツのコンソメスープ



早速ブロッコリーに飽きてきたので、ごまドレッシングではなくポン酢に変えてみました。これはこれでよし



ついに12月に突入しましたね。早いわァ
月初め早々ですが、自分が社交性マイナス50万だという話をします(突然の深刻感)

要約すると、人間として割と駄目な感じだけど最近それでも良いかなと思ってきた、という話です。全然軽いです。しかしまとめスキルがないので長いですよ


私の己に対する評価は、低いどころかクレーターばりに地面にめり込んでるんじゃねぇかと思うレベルです。存在意義あるのかな??というやつです。
理由はいろいろあるのですが…

自分の嫌いなところはまず、雑談が凄まじく苦手だということ。
雑談が苦手な方って日本には結構多いと思うのですが、私は極まってて「会話を楽しむと言う感覚がよく分からない」というロボットか中二病のような思考を装備してます。

何かしらテーマがあれば良いんです。仕事上の会話は全然できます。何故ならばその会話には「報告をする」とか「仕事上の問題を解決する」とかの目的があるから。
しかしそういった目的の無い雑談って、すなわち「会話することが目的」なわけじゃないですか。
最終的にこの話の流れはどこを目指したらいいの?ってなるわけですよ私は。。
ぐるぐると悩みながら迷いながら、それでも相手を退屈させては申し訳ないし(こいつ話してても盛り上がらなくてつまらんな…)と思われるのが怖くてなんとか話を繋げようと必死になって疲労困憊。
運良く盛り上がれればそれはそれで楽しいのですが。

ただこの悩み、「相手に興味を持つ」という意識があれば解消できるものだと思うのです。
雑談ってある程度はプライベートなことにも突っ込めると思うし(休日何してるとか)「もっと相手のことを知りたい」「趣味が合いそうだったら語りたい」と思えば、その方向に向かって自然と話はできるのではないかと。
上記の「会話そのものが目的になってしまう」という悩みはこれで解消できるはずですねおめでとう!!

ただし他人に興味がある人に限る。

自己評価の低い次の理由はこれです。人に興味が無い。社会的生物として致命的かよ
興味が無いとか言うと上から目線っぽくて不快になる方もいるかもしれませんが…

視野が馬鹿みたいに狭いため常に自分のことでいっぱいいっぱいで、人に気を回す余裕が無いというか。
一人の方が楽だから、必要以上に距離を詰めると窮屈で辛くなるというか。見下す意図は全くありません。

何か面白いことがあっても「誰かと共有したい!」と思うことがあまりないです。人と一緒に盛り上がって楽しむ感覚が欠如してる。
飲み会とかで会話のネタが尽きた時に、ふっと過去の珍体験とかを話題として提供するくらいです。


他にも色々あるんですけどキリが無いので取りあえずこんな感じ。
開き直れれば楽なのですが、辛いのはそれで自分を責めてしまうことです。
私の考える自分の理想系は、誰とでもそつなく話ができ、上司や後輩だからといって気負うことなく場に溶け込める、というものだから。
自分はこうだから駄目なんだ社会性が無いんだ!と意識的にも無意識的にも思ってしまう癖がついてしもた

無駄に完璧主義だから、完璧とは程遠い自分を目の当たりにして許せなくなってしまうのでしょうな。
それだけならまだしも、人の反応にいちいち敏感になってしまって、(アレ?これしてあげたのに反応微妙じゃない?)とイラッとする事案発生。
自分で馬鹿みたいに自分を否定するから、人にだけはなんとか認めてもらいたいらしいのです。
無駄に恩着せがましくなるし、一言感謝や謝罪がなかったことをいつまでも引きずるし。良いこと何一つないよ!

これではストレスたまるばかりだとようやく気付いたので、こんな失格野郎でも2X年間生きてこれてるんだからいいや、とゆるーく構えることにしました。
完璧になんてなれないんだから完璧じゃなくて良いし。
会話を楽しめない、人と楽しめないというのも、矯正すべきダメな性格なのではなくて個性の一つだと捉えてやればいいかなーと思ったら、なんかちょっと楽になった気がします。
頑張って社交的になったらもっと人生楽しくなるのかもしれないけど、その頑張る過程で心を壊したらどうしようもないのでね。

完璧をやめようと意識し始めたら、人の反応にもそこまで過敏になることは無くなってきたようです。自分を許せない人が他人を許すのは難しいんだろうなぁ。

今の職場は、昼休みに和気あいあいとごはん食べなくちゃいけなかったりお客様と会話を弾ませなきゃいけなかったりということが全くないので、自分の性格にも合ってるのかと思います。
システム屋なので、フェーズにもよりますがその気になれば朝と帰りのあいさつ以外一言も話さないとか余裕。※誇るところでは全くない
実は、新卒時に一歩選択を違えたら販売業になってたかもしれんという過去を持ってます。
性格からして徹底的に合ってないです。話すことが苦痛すぎて確実に出勤拒否する未来が見えます。そもそもなんで面接受かったの?

グダグダ書きましたが、要はダメ人間はダメ人間なりに自分に優しく生きていけばよくね?と自分に言ってやるだけの話でした。
ありがたいことにこんなやつにも付き合ってくれる友人がいるし、ハルさんという奇特な優しい人もいるし。恵まれてると思います。

まとまりも何もあったものじゃないですがここまで読んでくださってありがとうでした)^o^(

それでは!

ランキング参加中!
よろしければぽちっとお願い致します↓(´∀`*)


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック